大型土のう作成補助器具「トンサポ」2018年12月11日時点

大型土のう作成補助器具「トンサポ」

技術の概要

①何について何をする技術なのか?
・大型土のう作成において、自社開発の台形型(2分割方式)の補助器具を使用することにより、安全かつ素早く大型土のう作成を補助する

②従来はどのような技術で対応していたのか?
・従来は単管で枠を作り、作業員数名が土のう袋を持ち、バックホウで土砂を投入していた。

③公共工事のどこに適用できるのか?
Ⅰ、河川、道路、海岸など被災箇所の大型土のうによる応急対応工事
Ⅱ、河川、道路、海岸における護岸や法面の保護や締切などの仮設工事

この技術の登録情報について

副題 1トン土のうを安全かつ少人数で短期間に作成できる
登録機関(過去に登録された機関も含みます) NETIS
NETIS登録番号 CB-120030-VE
登録区分 製品
工種分類 仮設工(その他),河川海岸(その他),砂防工(その他),道路維持修繕工(その他),ダム(その他)
ICT技術の該当
開発年 2012年

技術の特徴

①どこに新規性があるのか?(従来技術と比較して何を改善したのか?)
・従来技術:単管で枠を作り、作業員数名が土のう器具を
用いて効率的に大型土のうが作成可能になる
・新技術性:ジグを2分割できかつ大型土のう作成の際簡単に取り外せる。
また、横から取外しができ作業者への負担軽減となる。
・新技術におけるジグの役割、物理的理論:従来工法だと
単管に負担がかかり、ジグが破損する

可能性が高い。「トンサポ」はジグ全体が大型土のうを支えるという形ではなく、
土のう袋が地面に付くのを補助する

従来は専門知識が必要であったが、誰でも均一な大型土のうが作成可能になります。
・既存の大型土のう作成補助器具との違い:世の中に類似器具は多々あるが施工場所、
ジグ耐久性保管場所等の面で類似したものがなく新規性は高いと考えられる。


②期待される効果は?(新技術活用のメリットは?)
・従来は作業者はバックホウバケツの近接にいなくてはならず
非常に危険を伴う作業だったが
安全性確保しながら作業ができる。
・袋を取付、取外し以外は作業員が重機作業の半径から離れるため安全性が向上する。
・作業時間の短縮による工期短縮とコスト削減が可能になる。
・製品を使用することにより熟練した技術がなくても
大型土のうを均一に作成することが可能です。




技術の適用条件・適用範囲

①自然条件
・特になし

②現場条件
・製作ヤードとして100m2以上のスペース(0.80m3バックホウ使用時)が必要

③技術提供可能地域
・技術提供可能地域に関しては特になし

④関係法令等
・特になし



①適用可能な範囲

・土のう袋は市販品(φ1100×H1100)程度の全メーカーに適応可能)

②特に効果の高い適用範囲
・大量の大型土のう製作が必要な現場

③適用できない範囲
・100m2以上の作業スペース(0.80m3バックホウ使用時)が確保できない 場所
・建築限界等高さ5m以下の制限がある場所

④適用にあたり、関係する基準およびその引用元
・特になし

施工方法について

1、トンサポを展開します。
2、接続金具、大型土のう袋、羽の順で取り付けます。
3、バックホウで土砂を投入します。
4、羽、接続金具の順に外します。
5、土のう袋上部を締める
6、ジグを片方ずつ外します。
7、大型土のうの完成

その他の情報

① 設計時
・大型土のうの作成数量、工期、施工ヤードを考慮し、本製品の使用台数の検討が必要

② 施工時
・特になし

③ 維持管理等
・特になし

この技術を提供する会社の連絡先情報

会社名 ㈱YPSテック
部署 営業部
担当者 山田英人
郵便番号 468-0045
住所 愛知県名古屋市天白区野並2-229
電話番号 052-895-2148
FAX番号 052-895-2156
サイトURL http://www.ypstech.co.jp

この技術に興味を持っている人はこんな技術にも興味を持っています。

技術名 概要 工種分類 会社名
IPH工法(内圧充填接合補強) IPH工法(内圧充填接合補強) ①何について何をする技術なのか?  地震被害を受けたり、劣... 道路維持修繕工,建築 一般社団法人IPH工法協会
CPDS コンクリート改質・劣化防止剤 「カルサプ... コンクリート改質・劣化防止剤 「カルサプ... ①何について何をする技術なのか? ・コンクリート構造物の補... コンクリート工,道路維持修繕工 馬居化成工業㈱
コンクリート躯体防水材CS-21 コンクリート躯体防水材CS-21 CS-21は、硬化コンクリートに塗布等で浸透させることで、コ... コンクリート工,道路維持修繕工,橋梁上部工,上下水道工,建築 ㈱アストン
MITEL(ミテル) MITEL(ミテル) 安全帯フックを使用している時はベストやパッドに装着されたLE... 仮設工 サンリョウ㈱
CPDS パラミックス工法 パラミックス工法 ①何について何をする技術なのか? ・鋼管支柱パネル式鋼管桟... 仮設工 日本ジュウキケンセツ㈱