水圧四面梁2019年1月25日時点

水圧四面梁

技術の概要

本製品は、開削工事の土留支保工を腹起材が伸縮する事で、妻・桁方向の四壁面同時に設置出来る製品である。従来は、妻・桁方向に別々の腹起材と切梁材を設置していた。本製品は、切梁が腹起しを兼ねる構造にした為、支保工を一度に設置出来、作業工程の短縮が期待出来る。

この技術の登録情報について

副題 矢板設計の開削工事で使用する土留機材で、腹起材が伸縮する事により、妻方向、桁方向同時に腹起材と切梁材を設置する事が出来る土留支保工材
登録機関(過去に登録された機関も含みます) NETIS、東京都建設局(新技術データベース)
NETIS登録番号 CB-120037-VR
登録区分 製品
工種分類 仮設工(仮設材設置撤去工),共同溝工(電線共同溝工)
ICT技術の該当
実績 北海道 一般国道36号苫小牧市苫小牧電線共同溝
広島県 国道2号線城町地区電線共同溝工事
開発年 2008年

技術の特徴

・妻方向と桁方向同時に支保工の設置をすることが可能である為、従来工法に比べて設置時の安全性の向上が期待できる。
・腹起材に切梁材を内蔵し、隅部四面から支保する構造とした為、作業性の向上が期待できる。
・妻、桁方向の段違い設置によるデッドゾーンがなくなる為、作業スペースを広く取れる。その為、従来と同じ作業スペースを確保する時に排土量が減少する事からコストの削減が期待出来る。
・支保工設置の為の溶接を行う必要がなくなった為、溶接作業中の事故の心配がなくなる。

技術の適用条件・適用範囲

①自然条件
・特に無し
②現場条件
・開口部である事。
・開口部の形状が矩形(正方形または長方形)である事。
・開口部の深さ及び土圧に応じた断面係数の製品を使用する事。
・腹起しの設置長がが120~520cmである事。
・原則として掘削深が3.8m以下であること。

施工方法について

①開削工
②土留工
・四隅に矢板を建て込む。
・四隅に腹起しキャッチャーを設置(一辺に2つずつ)
・地上から伸縮ユニットの設置
・地上から伸縮ユニットを伸ばし、コーナー金具を連結させる。
・四隅以外の場所に矢板を建て込む。
③埋設工



この技術を提供する会社の連絡先情報

会社名 株式会社エヌ・エス・ピー
部署 企画部
担当者 中川
郵便番号 508-0101
住所 岐阜県中津川市苗木9167
電話番号 0573-67-2129
FAX番号 0573-67-2296
サイトURL http://www.kknsp.jp/

この技術に興味を持っている人はこんな技術にも興味を持っています。

技術名 概要 工種分類 会社名
土留部材引抜同時充填注入工法 土留部材引抜同時充填注入工法 民家や地下埋設物などの重要構造物に近接した箇所において仮設材... 仮設工,仮設工,仮設工 協同組合Masters 地盤環境事業部会
大口径長尺管埋設用簡易土留 大口径長尺管埋設用簡易土留 本製品は、大口径長尺管を埋設する開削工事で使用する切梁スイン... 仮設工,共同溝工 株式会社エヌ・エス・ピー
大型土のう作成補助器具「トンサポ」 大型土のう作成補助器具「トンサポ」 ①何について何をする技術なのか? ・大型土のう作成において... 仮設工,河川海岸,砂防工,道路維持修繕工,ダム ㈱YPSテック
MITEL(ミテル) MITEL(ミテル) 安全帯フックを使用している時はベストやパッドに装着されたLE... 仮設工 サンリョウ㈱
CPDS パラミックス工法 パラミックス工法 ①何について何をする技術なのか? ・鋼管支柱パネル式鋼管桟... 仮設工 日本ジュウキケンセツ㈱