深梁工法2019年3月29日時点

深梁工法

技術の概要

①何について何をする技術なのか?
・本技術は鋼製深梁を既設桟橋の鋼管杭に取付けて、多層ラーメン構造を構築します。
・多層ラーメン構造にすることで海底面からの杭の突出長を短くし、鋼管杭に生じる断面力や応力を低減させます。
・この結果、既設桟橋を耐震補強したり、または設計水深を増深させることが可能です。

②従来はどのような技術で対応していたのか?
・従来は増杭の打設により水平剛性を向上させるか、または地盤改良により地盤強度を高めて対応していました。

③公共工事のどこに適用できるのか?
・供用中の直杭桟橋、組杭桟橋に対して、既設桟橋を耐震補強したり、または設計水深を増深する場合に適用できます。

この技術の登録情報について

副題 鋼製深梁による既設桟橋の補強工法
登録機関(過去に登録された機関も含みます) NETIS
NETIS登録番号 KTK-140008-A
登録区分 工法
工種分類 港湾・港湾海岸・空港(維持補修工ー鋼材補修工ー鋼板溶接)
ICT技術の該当
実績 ①青森港本港地区岸壁
発注者:国土交通省 東北地方整備局
基数:35基
現地工期:2014年度10月~2月

②大阪南港フェリー埠頭(第一、第二桟橋)
発注者:阪神国際港湾㈱
基数:第一桟橋64基、第二桟橋52基
現地工期:第一桟橋2015年度5月~8月
第二桟橋2017年度5月~7月

③福島松川浦漁港
発注者:福島県相馬港湾事務所
基数:5基
現地工期:2016年度9月

④清水港日の出岸壁(-12m)改良工事
発注者:国土交通省 中部地方整備局
基数:47基
現地工期:2018年度8月~2019年度3月
開発年 2010年

技術の特徴

①どこに新規性があるのか?(従来技術と比較して何を改善したのか?)
・大型重機を要する増杭や地盤改良の従来技術では、供用中の桟橋では
適用ができませんでした。

・しかし、本工法は大型重機が不要なので、船舶の接岸・離岸時以外であれば
供用中の桟橋でも施工が可能です。


②期待される効果は?(新技術活用のメリットは?)
・桟橋を供用しながらでも、桟橋の耐震補強や増深が可能です。
・施工時に振動や騒音が生じないため、周辺環境に対する影響を
小さくすることが可能です。



技術の適用条件・適用範囲

①自然条件
・施工時は風速10/m以下、波高0.5m以下

②現場条件
・工場製作した深梁を、上部工の下側に引込むことができること

③技術提供可能地域
・制限なし

④関係法令等
・港湾の施設の技術上の基準を定める省令
・労働安全衛生法
・高気圧作業安全衛生規則
・海上衝突予防法


①適用可能な範囲

・既設杭の腐食減厚が少なく、再利用が可能な桟橋

②特に効果の高い適用範囲
・耐震補強や増深が必要な桟橋

③適用できない範囲
・既設杭の腐食減厚が大きく、再利用が不可な桟橋

④適用にあたり、関係する基準およびその引用元
【設計】
・港湾工事共通仕様書、(公財)日本港湾協会、平成25年5月
・港湾の施設の技術上の基準・同解説、(公財)日本港湾協会、平成11年4月&平成19年4月
・格点式ストラット工法技術マニュアル、(一財)沿岸技術研究センター、平成12年9月
・道路橋示方書・同解説 Ⅱ鋼橋編、(公社)日本道路協会、平成24年3月

【積算】
・港湾土木請負工事積算基準、(公財)日本港湾協会、平成25年5月
・港湾鋼構造物 防食補修工事の積算資料、
・港湾新基準・新工法積算基準ライブラリー、平成21年12月
・建設物価、積算資料

施工方法について

事前に鋼管杭の事前調査を行い、残存板厚や打設精度(杭間距離、杭傾斜)を測定する。
この測定結果に基づいて、工場で深梁や支持材を製作する。


①支持材取付け
・鋼管杭に付着している海生生物の掻き落とし、杭表面のケレン、
支持材の取付けを行う。


②進入(浮遊)・仮固定・蓋閉合
・工場から運搬した深梁を海面に降ろした後、桟橋床版下に引込む。
・深梁を支持材の上まで沈設して、蓋を閉じ、ボルトを締めてから仮固定する。

③杭に固定
・深梁と鋼管杭間の隙間にグラウトを打設して、杭に固定する。




その他の情報

①設計時
下記を確認するため、現地の状況調査を実施
・鋼管杭の防食工法(種類、防食範囲)
・鋼管杭の腐食減厚状況
・鋼管杭の打設出来形(間隔、傾き)
・防食工法と深梁取付けの干渉の有無

②施工時
・深梁浮遊時の安定

③維持管理等
・桟橋の防食工の点検

この技術を提供する会社の連絡先情報

会社名 JFEエンジニアリング㈱
部署 鉄構インフラ事業部
担当者 奈良正
郵便番号 100-0005
住所 東京都千代田区丸の内1-8-1 丸の内トラストタワーN館19F
電話番号 03-6212-0021
FAX番号 03-6212-0067
サイトURL http://www.jfe-eng.co.jp

この技術に興味を持っている人はこんな技術にも興味を持っています。

技術名 概要 工種分類 会社名
土留部材引抜同時充填注入工法 土留部材引抜同時充填注入工法 民家や地下埋設物などの重要構造物に近接した箇所において仮設材... 仮設工,共同溝工,港湾・港湾海岸・空港,河川海岸,上下水道工 協同組合Masters 地盤環境事業部会
CPDS 蔵衛門Pad/蔵衛門工事黒板 蔵衛門Pad/蔵衛門工事黒板 ①何について何をする技術なのか? ・工事写真管理業務におい... 港湾・港湾海岸・空港,空港舗装工 ㈱ルクレ
高速アーク溶射工法 高速アーク溶射工法 ①何について何をする技術なのか? ・港湾や沿海の道路・鉄... 港湾・港湾海岸・空港,港湾・港湾海岸・空港,港湾・港湾海岸・空港,港湾・港湾海岸・空港 ㈱アークインターナショナル
CPDS ダブルバリア円筒式浮消波堤 ダブルバリア円筒式浮消波堤 小規模水域で丸太や角材を浮かべて消波効果を狙ったものを見受け... 港湾・港湾海岸・空港 ㈱古川組