KSライニング工法2019年3月20日時点

KSライニング工法

技術の概要

酸・アルカリ・溶剤・高温等、常に過酷な腐食環境にさらされている下水道施設等のコンクリート構造物の防食用として開発された技術です。耐食性・耐熱性に優れ、プラントの設備配管にも多く使われているビニルエステル樹脂を主成分とし、劣化因子の浸入速度を遅らせるガラスフレーク等をコンパウンド化した材料をもとに信頼度の極めて高い防食被覆層を形成することができます。

この技術の登録情報について

副題 ノンスチレン型塗布型ライニング工法
登録区分 材料
工種分類 コンクリート工(コンクリート防食被覆 ),上下水道工(コンクリート防食被覆),建築(耐薬品塗装)
ICT技術の該当
実績 *日本下水道事業団:さいたま市下水処理センター汚泥処理設備工事その2(下水道施設コンクリート防食被覆)
*芝浦水再生センター雨天時貯留池建設その5工事(品川シーズンテラス地下水槽コンクリート防食被覆)【写真】
*東京都下水道局:南部汚泥処理プラント重力濃縮槽整備工事(下水道施設コンクリート防食被覆)
*横浜市環境創造局:桜木ポンプ場沈砂池(4水路)防食等整備工事(下水道施設コンクリート防食被覆)
*他施工実績は多数に及びます
開発年 2003年

技術の特徴

従来からある既存の材料には、皮膚に炎症を伴うものや発がん性がある恐れを指摘されているものもあります。
本工法は特定化学物質であるスチレンを含まない人と環境に優しいノンスチレン型ビニルエステル樹脂
(特化則、有機則に非該当)を用いたコンクリート防食被覆工法です。
従来の材料に多くあるエポキシかぶれから作業員を守ることができ、熟練作業員の確保が可能となり
少子高齢化対策にも繋がります。

技術の適用条件・適用範囲

有機則に抵触しないノンスチレン型のため狭小空間でも防毒マスクを着用せず、作業も安心です。
シンナー等の溶剤を含まないため同一作業エリアでの多工種混在作業でも臭気や
他の作業員の健康被害を気にすることがありません。

施工方法について

防食被覆層の塗布作業はコテやローラーによる塗布作業のほか、
大面積での効率が良いエアレス塗装機での吹付塗装も可能です。


【施工フロー】
①プライマー塗布
・ローラー塗装、スプレー塗装(選択可)
②素地調整塗布
・コテ塗り
③上塗り(2~3回)
・コテ塗り、ローラー塗装、吹付塗装(選択可)
➃トップコート塗布
・コテ塗り、ローラー塗装、吹付塗装(選択可)




             防食被覆工施工前




          防食被覆工施工中(吹付作業)




             防食被覆工施工後

この技術を提供する会社の連絡先情報

会社名 株式会社コーケン
担当者 大谷茂夫
郵便番号 236-0002
住所 神奈川県横浜市金沢区鳥浜町12-7
電話番号 045-778-3771
FAX番号 045-772-8661
サイトURL https://www.paint-kohken.co.jp/

この技術に興味を持っている人はこんな技術にも興味を持っています。

技術名 概要 工種分類 会社名
CPDS 左官アシスト工法 左官アシスト工法 ①何について何をする技術なのか? 農業用水路の補修工法の一... コンクリート工,共通工,道路維持修繕工 一般社団法人 コンクリート保全技術協会
CPDS P・C・G FRPサポーター工法 P・C・G FRPサポーター工法 既存建築物の立て管、あるいは埋設された排水管(建物から第一桝... 上下水道工,建築設備(機械),機械設備 ㈱P・C・Gテクニカ
循環式ハイブリッドブラストシステム工法 循環式ハイブリッドブラストシステム工法 ①何について何をする技術なのか? ・橋梁補修補強工等におい... 道路維持修繕工,橋梁上部工,道路維持修繕工,道路維持修繕工,コンクリート工 循環式ハイブリッドブラストシステム工法協会
浸透性エチルシラン撥水剤サンハイドロック... 浸透性エチルシラン撥水剤サンハイドロック... ①何について何をする技術なのか? 土木学会の表面保護工法設... コンクリート工,道路維持修繕工,道路維持修繕工,橋梁上部工,建築 三商㈱
CPDS ウォータークリーン工法 ウォータークリーン工法 ①何について何をする技術なのか? 本工法は、建築物や構造物... 建築 ㈱マルホウ