高吸水、高保水性セラミックブロック(モイストペーブ)2019年8月1日時点

高吸水、高保水性セラミックブロック(モイストペーブ)

技術の概要

本製品は、歩道、公園等の舗装工に用いる舗装用セラミックブロックであり、従来は、インターロッキングブロックで対応されていた。本製品は、細かい気孔を形成し、その強力な毛細管現象により、下地の敷砂等から強力に吸水、保水し、表面温度の低下を持続する。

この技術の登録情報について

副題 キラを主原料に用いたリサイクル原料100%の環境にやさしいセラミックブロックで保水機能によりヒートアイランド現象の緩和に貢献する歩道舗装用ブロック
登録機関(過去に登録された機関も含みます) NETIS
NETIS登録番号 CB-170028-A
登録区分 製品
工種分類 舗装工(ブロック舗装ーインターロッキングブロック工)
ICT技術の該当
開発年 2017年

技術の特徴

①どこに新規性があるのか?(従来技術と比較して何を改善したのか?)
モイストペーブは、原料に未利用資源のキラを用いた、セラミックブロックである。
キラを用いる事により、細かい気孔(直径5μm程度、従来の保水性インターロッキングブロックの気孔は、直径500μm程度)が形成される為、強力な毛細管作用により、敷砂等から強力に地中に浸透した雨水を
吸い上げる能力を有している。(吸い上げ速さ;敷砂から、吸水開始後、30分で3mm以上、
インターロッキングブロックは、当社測定では、1.22mm)また、保水能力は、0.25g/㎝3以上
(インターロッキングブロックは、JIS規格0.15g/cm3以上)で保水能力も大きい。
当社が、2016年夏に名古屋市で従来の保水性インタ-ロッキングブロックと比較した場合、
降雨後(10日後)に気温36℃、12時の条件で表面温度を測定すると、10℃程度低い結果が得られた。


②期待される効果は?(新技術活用のメリットは?)
従来の保水性インターロッキングブロックと比較すると、降雨後の表面温度を
約10℃低い温度に持続する期間が
3倍程度持続する。
よって、本セラミックブロックを施工することで、ヒ-トアイランド現象の緩和が期待できる。



技術の適用条件・適用範囲

①自然条件
夏季、日射により、アスファルト表面温度が、40℃以上となる地域(日本全国)。
一般的に水道管が破裂するといわれる,-5℃以下の気温が頻繁に発生し、
凍結と融解を繰り返す回数が多い寒冷地(以下「寒冷地」という)においては、凍害の発生に留意する。

②現場条件
特になし。
③技術提供可能地域
日本全国。
④関係法令等
特になし。

 

①適用可能な範囲
歩道舗装、公園園路舗装、駐車場舗装
②特に効果の高い適用範囲
地下に浸透した水を吸水し、ブロック内部に保水し、ブロック表面から蒸発する。
この一連のメカニズムが継続的に発生することにより、ブロック表面の温度が従来の舗装面より、
低下し、ヒ-トアイランド現象の緩和に貢献することから、屋外で、雨水が地下に浸透し、
また日射が当たる、比較的面積が広い場所が特に効果が高いと考えられる。

③適用できない範囲
特になし。
④適用にあたり、関係する基準およびその引用元
1.JIS A 5371 プレキャスト無筋コンクリ-ト製品
2.JIS A 5215 舗装用れんが

施工方法について

施工方法は、従来のインターロッキングブロックの施工方法と等しい。施工手順は、以下のとおり。
①事前調査;路床、路盤、付帯設備、横断勾配などを確認する。
②路床工事;現状床をブロックが敷ける様に、施工表面を剥ぎ取り、整地する。
③端部拘束;ブロック同士のかみ合わせの確保と、交通荷重によるブロックの移動(ズレ)を防ぐために、
モイストペーブ舗装の端部にコンクリート製品か現場打ちのコンクリートを設置する。

④レベル出し;ブロック舗装を所定の高さに仕上げる為にレベル出しをする。
⑤路盤工事;砕石(M-25を推奨)等で不陸を調整し、機械等で転圧し、固める。
⑥敷砂工事;砕石で固めた路盤に必要な厚さで、均等に砂を敷き、表面を固めて、
所定のレベルに均一に均して仕上げる。

⑦ブロック工事;モイストペ-ブを平面設計に基づく割り付け図に従って、敷設する。
⑧目地工事;目地砂をモイストペ-ブの上に撒き散らし、乾燥後、ほうきで掃き、目地に目地砂を入れる。
⑨仕上がり確認;設計通りに施工されているかを確認する。



その他の情報

①設計時
寒冷地で使用する場合は、耐凍害性試験は、クリヤ-しているが、
自然条件によっては、凍害が発生する可能性を考慮し、当事者間で協議する。


②施工時
従来のインターロッキングブロックの施工方法で問題ない。

③維持管理等
日陰で湿気が多い箇所に施工した場合、コケの発生、汚れの付着の懸念がある為、表面の清掃管理が必要。

この技術を提供する会社の連絡先情報

会社名 ダイワセラミックス㈱
担当者 寺前英史
郵便番号 489-0036
住所 愛知県瀬戸市西古瀬戸町4
電話番号 0561-89-5545
FAX番号 0561-89-5547
サイトURL http://www.daiwa-c.jp

この技術に興味を持っている人はこんな技術にも興味を持っています。

技術名 概要 工種分類 会社名
CPDS クールネスコート クールネスコート ①何について何をする技術なのか? 塗布面の耐候性及び熱抑制... 建築,舗装工,舗装工 中井商工㈱